ねずみ駆除をご検討の方は、どの業者よりも安心なネズミメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 安心で低価格なねずみ駆除ネズミメンテナンス

ブログ

家庭でできる便利なねずみ駆除グッズまとめ!これでねずみを撃退しよう。

ネズミ駆除の豆知識
2019.04.30

ご家庭にねずみが出現した場合には、市販のねずみ駆除商品を購入して自身で駆除を行う方法と、ねずみ駆除専門業者に依頼する方法と2通りの方法がありますよね。

では、市販のねずみ駆除グッズを利用して駆除を行う方法と、ねずみ駆除業者に依頼する方法の判断基準はどのようにすれば良いのでしょうか。

ここでは、ご家庭と専門業者でのねずみ駆除の判断基準と、家庭でねずみ駆除を行う場合の便利グッズをまとめました。

ご家庭でねずみを駆除する場合の判断基準にご覧になって頂けますと幸いです。

プロに頼まず自分でねずみ駆除ができるのか?

ご家庭にねずみが現れた場合、手っ取り早くホームセンターで市販されている駆除グッズを使用したくなりますよね。

もちろん、市販品で効果が発揮されれば費用も抑えられますし、試す価値があることだと思います。

1匹だけしかねずみの気配がしない、糞や尿の被害が生活圏に影響を与えていないなど特定の条件では、ご家庭でねずみを駆除することも可能ですね。

ただ、それと同時にねずみ駆除の場合は、大量に繁殖してしまっている、床下や天井裏など専門家でないと駆除できない場所が被害にあっているなど、ご家庭では対応できない場合も。

次章では、どのような場合にご家庭でねずみ駆除をしない方が良いのかねずみ駆除に長年の実績のある弊社がご紹介します。

自分でねずみ駆除をしない方が良い場合とは

ここでは、ご家庭に出没したねずみを自分で駆除しない方が良い場合についてご紹介致します。

1匹だけでなく複数匹の集団ねずみがいる

ご家庭に出没したねずみが1匹だけでなく、複数の気配がする、集団で移動しているといった場合には、大量にねずみが繁殖している可能性があります。

このような場合には、ご家庭で使用できるネズミ対策グッズで駆除することは難しいです。

集団でねずみが発生している場合、住居内にねずみの巣があり、その巣の場所を特定し一網打尽にしないと駆除できません。

ご家庭で駆除できる場合とは、あくまで単体のねずみが外から入り込んだだけという事例の場合です。

複数のねずみを無理に駆除しようとすると、かえって繁殖が拡大してしまうケースが考えられます。

生活空間にねずみが出現している

ねずみは本来、警戒心が強い動物になり、人前に現れるということがほとんどありません

多くの場合、天井や床下から原因不明の足音がする、室内に糞や尿が落ちているなどではじめてねずみの存在を疑う方が多いのです。

しかし、そのねずみが堂々と人前に姿を見せるということは、ねずみがそのご家庭に慣れてしまっていることを示しています。

このような状況では、ねずみ自体の行動範囲も広がり、繁殖をしている状況も考えられますので、個人で駆除をするのが困難です。

できるだけ早くねずみ駆除の専門業者に連絡しましょう。

ねずみの発生場所が屋根裏や床下で入り込めない

ご家庭に姿を見せているねずみの居場所が、床下や屋根裏の場合、ご家庭では入り込めないことが多いです。

特に屋根裏は、ねずみの巣がある場合も多くプロの駆除業者であれば必ず処理を行うポイント。

たとえば、毒えさを設置したとしても、それを食べたねずみの死骸を処理しなければなりません。

衛生面から判断しても、屋根裏や床下で死骸の処理をしたり、ねずみを除去するのはご家庭では無理がありますよね。

このような場合に、プロの業者であれば罠の回収から死骸の処理、さらにねずみ再発の予防まで対応してくれますよね。

家庭でできる便利なねずみ駆除グッズ一覧!

ここからは、ねずみの数が1匹だけ、特定の場所だけに出没するなど家庭でねずみ駆除が実施できる場合に有効なねずみ駆除グッズを一覧でご紹介させて頂きます。

バネ式の罠

よく漫画やアニメで見かける板にバネが設置されていて、えさにつられておびき寄せられたねずみを捕獲する罠のことです。

漫画やアニメでは、チーズがえさになっていますよね。

このバネ式の罠は、いたって単純な仕組みで

こんな罠でねずみが取れるの?

と感じるかもしれませんが、単純な仕組みだからこそ威力は絶大なのです。バネ式の罠は、一度ねずみを捉えるとほとんどの場合即死で捕まえられます。

ねずみが複数でない場合には有効なねずみ駆除グッズでしょう。

メリットとしては、1,000円ちょっとで購入できる設置費用のやすさと初心者でも設置が簡単なことです。

デメリットとしては、ねずみが罠にかかると場合によっては血が周囲に飛び散ることがありますし、目玉が飛び出たり、悲惨な光景になることも。

後処置が大変なのがデメリットでしょう。

また、罠を設置する際には周囲に新聞紙等を敷いておかないと、さきほど申し上げたように血が飛び散って壁やフローリングが汚れてしまいます。

衛生面を考慮した対策が重要ですね。

粘着シート

ねずみの粘着シートもご家庭でもっとも簡単に、ねずみ駆除ができるグッズになります。

多くの場合、10〜20枚で市販されているため、安価に購入できねずみが現れる場所が特定できない場合にも、複数の粘着シートを設置して対応できますね。

粘着シートのメリットは、なんといっても導入のしやすさです。ねずみが発生したら、すぐに粘着シートを設置することで効果が現れることも。

その一方で粘着シートの場合、ねずみが罠にかかると、生きたまま捕獲することもあります。

つまりデメリットとしては、生きたままねずみを捕獲しなければならず、後処置が苦手という方もいます。

衛生面から考えても、手袋やマスクは必須です。

毒えさ

バネ式の罠や粘着シートと比較すると、やや費用はかかるものの、毒えさによってねずみへダメージを与えられます。

毒えさには、「蓄積毒タイプ」と「急性毒タイプ」がありますが、急性毒タイプはねずみが食べると即効性があり、早くて数時間後には死にます。

蓄積毒タイプは、即効性はないものの、ねずみがえさを食べやすく数週間かけて徐々にダメージを与えます。

毒えさのメリットとしては、急性毒の場合、即効性が期待できるという点。

ただ、デメリットとしてお子様やペットがいるご家庭では誤飲の危険性もあるため使用は難しいでしょう。

さらに、えさを食べてその場で死ぬことは少なく、移動した先で死にます。

散らばったねずみの死骸を回収しなければならないという手間も発生します。万一、ねずみの死骸を放置してしまうと、衛生上もよくありません。

ねずみ駆除グッズ一覧表

バネ式の罠 粘着シート 毒えさ
価格の目安 500〜1,000円 100〜500円(1シートあたり) 500〜3,000円(1回分)
コストパフォーマンス ×
駆除効率 ×
子供やペットへの影響 ×
死骸について 死骸が残る 生きたまま残る 死骸が残る。見えない場所で死ぬこともある

 

どのタイプのねずみ駆除グッズも、重要なことは設置場所です。

プロの業者は、ねずみの行動パターンを分析し、最適な場所にねずみ駆除グッズを取り付けます。

ラットサイン」と呼ばれる糞や尿、ねずみが擦った跡を分析し、通り道を導き出すのです。

もちろん、ご家庭で上記のような駆除グッズを用いるのもコストがかからず良いのですが、ねずみが繁殖している場合や、後処理が難しい場合などは無理をせずプロのねずみ駆除業者に依頼しましょう。

まとめ

弊社は、ねずみ駆除業者として全国のねずみ駆除に対応しています。9時〜18時までにご連絡頂ければ、即日対応も可能です。また、時間外であってもできる限り迅速に対応させて頂きます。

もちろん、ねずみの現地調査やお見積もりは無料です。まずはお気軽にご相談ください。

The following two tabs change content below.
渡辺智

渡辺智

ネズミメンテナンスの記事担当。 もともとIT企業でバリバリホームページ等を制作していたが体調壊して転職。現在はネズミメンテナンスのWeb周り全般を管理しています。 好きなものはお酒。
渡辺智

最新記事 by 渡辺智 (全て見る)


プライバシーポリシー