ねずみ駆除をご検討の方は、どの業者よりも安心なネズミメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 安心で低価格なねずみ駆除ネズミメンテナンス

ブログ

ネズミ駆除には「ラットサイン」が重要!その理由を徹底解説

ネズミ駆除
2018.12.20

ネズミ駆除の際には「ラットサイン」が重要なポイントになります。しかし、ラットサインなんて聞いても「ネズミの印って何?」としか思わないと思います。そこで、ラットサインとネズミ駆除の関係について解説します。

 

ラットサインとは?

「ラットサイン」とは、「ネズミがいる証拠」のことです。厳密に言えば「ネズミが通った痕跡」のことであり、ネズミの糞や尿、黒ずんだ線(ネズミの体表の汚れが付着したもの)があればラットサインである可能性が高いです。

 

ラットサインとネズミ駆除

ラットサインがあるということは、その建物内にネズミが侵入しているということになります。ということは、それだけでネズミ駆除をする動機としては十分です。ただし、ラットサインはネズミ駆除の動機づけになるだけでなく、さまざまな利用法があります。

 

ラットサインとネズミの侵入口

まずは「ネズミの侵入口の特定」です。ラットサインがネズミが家屋内に侵入できそうな場所にあれば、そこが侵入経路になっている可能性が高いです。速やかに塞いでしまいましょう。

ネズミの侵入経路になりやすい場所としては、以下のポイントが挙げられます。

・通気口

・電線導入部の隙間

・閉じていない換気扇

・配管と壁貫通部の隙間

・戸袋

・ひさしの下の隙間

・基礎と建物の隙間

・壁のひび割れや穴などの隙間

 

「ここが侵入経路かな?」と推測したら、小麦粉を撒いてみてください。本当にそこがネズミの侵入経路になっているのであれば、ネズミの足跡がそこに残るはずです。あとは、そこに罠を仕掛けるなり、侵入経路を塞ぐなりして、ネズミ被害を食い止めましょう。

 

ラットサインとネズミの通り道

次は、ネズミの通り道にラットサインがある場合です。家屋内にラットサインがある場合、それは侵入経路ではなく「通り道」でしょう。入り込んだネズミがそこを通っている証拠なので、やはり罠の設置場所として有効なポイントとなります。

 

ラットサインを見つけたら業者に依頼を

もし、ラットサインを見つけたら、自力で駆除するよりも「業者に依頼する」ことをオススメします。実は、ラットサインはそう簡単に見つかるものでもないのです。ネズミ駆除の専門家でない人がラットサインを見つけられたということは、侵入しているネズミの規模がそれなりに大きくなっている可能性が高いのです。

 

そうなると、素人さんでは十分にネズミを駆除できない可能性が高くなります。また、毒エサなどでネズミを死なせて駆除する場合だと、死骸の処理も必要になるのです。費用はかかりますが、業者に依頼してネズミ駆除してもらうことをオススメします。

The following two tabs change content below.
橋本 雅紀
某消毒会社を経て現職(ネズミ駆除専門会社)へ。ホームページの更新を担当してますが現場仕事の方が好き。趣味はボルダリング。
橋本 雅紀

最新記事 by 橋本 雅紀 (全て見る)


プライバシーポリシー