ねずみ駆除をご検討の方は、どの業者よりも安心なネズミメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 安心で低価格なねずみ駆除ネズミメンテナンス

ブログ

ネズミ被害が自宅で発生したときの対処法について

ネズミ駆除の豆知識
2019.03.25

ネズミ被害を放置すると、さまざまな弊害が発生します。それを防ぐためには、ネズミ被害が発生した時点で適切な対処をする必要があります。そこで、自宅でネズミ被害が発生したときの対処法について解説します。

ネズミ被害を放置するとどうなる?

冒頭でも述べていますが、ネズミ被害を放置するとさまざまな問題が発生します。

まず「家じゅうのものをかじられる」ことです。ネズミはその鋭い歯によってさまざまな物体をかじります。ティッシュペーパーやビニール、電気コードや家具までさまざまな物品がネズミの被害を被ることになります。

次に「足音が気になる」ことです。夜行性のネズミは人間が寝静まった後に行動を開始します。寝ている最中に足音を響かせるため、寝ている邪魔になるのは間違いありません。自宅を住処にされてしまうと毎晩のようにネズミの足音が聞こえるため、睡眠障害を引き起こす可能性が高くなります。

他にも「病気の原因になる」ことも挙げられます。前述の睡眠障害だけでなく、ネズミを媒介としてさまざまな病原菌が自宅に持ち込まれてしまいます。ネズミ本体だけでなく、ネズミが排泄した糞などにも病原菌が潜んでおり、そこから病原菌が感染する可能性があります。

ネズミ被害が自宅に発生したらどうすべき?

自宅でネズミ被害が発生したら、まずは「片付け」を実施してください。特にネズミが触れるような場所に食べ物を置いておくと、繁殖する理由になってしまいます。食べ物以外も含めて片付けを行い、ネズミにとって住みよい環境から脱却することが重要です。

次に「ネズミ駆除」と「侵入経路の封鎖」です。これらは、どのような手段でネズミ駆除するのかによって前後が異なります。

ネズミを捕獲したり殺したりする方法で駆除する場合、先に侵入経路を封鎖しておいた方がよいかもしれません。ネズミは小さな隙間からも侵入できますので、ネズミ被害がこれ以上拡大しないためにも侵入経路を封鎖しておいた方がよいでしょう。

ネズミを追い出す方法で駆除する場合、侵入経路の封鎖はそのあとの方がよいでしょう。追い出す場合、ネズミが出られる場所、つまり現時点で侵入経路になっている場所を塞いでしまうと外に出られなくなってしまいます。ネズミを追い出してから侵入経路を封鎖してください。

ネズミの対処はお早めに

ネズミ被害が確認出来たら、できるだけ早めに対処することをオススメします。

ネズミは数週間で出産し、年間に数十匹生まれます。最初は一匹しか見かけなかったものが繁殖して、何十匹にもなって被害を拡大させることは決して珍しくないのです。

忙しくて自分で駆除作業できない場合、業者に駆除を依頼することをオススメします。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー