ねずみ駆除をご検討の方は、どの業者よりも安心なネズミメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 安心で低価格なねずみ駆除ネズミメンテナンス

ブログ

ネズミの被害にはどんな種類があるのか?

ネズミ
2018.12.20

「ネズミ被害」と聞くと、あまり良いイメージをお持ちになる人はいないと思います。しかし、では具体的にどんな被害をネズミがもたらすのかと聞くと、ほとんどの人は具体的な内容を説明できません。そこで、ネズミ被害にどんな種類があるのか解説します。

 

いろんなものをかじられる

まずは「いろんなものをかじられる」ことです。家の柱から木製の家具、ソファやカーペットに電化製品のコードまで、かじることができるものは何でもかじってしまいます。それらは補修・修繕、買い替えなどで対応することは可能ですが、当然ながら費用がかかります。

 

特に厄介なのは、家の柱など家屋の重要部分をかじられて、家屋の耐久性が減少してしまうことです。資産価値が低下するだけでなく、地震や台風などの自然災害に対する防御能力が低下してしまうことが危険です。特に2018年は「今年の漢字=災」であり、テレビでは自然災害による家屋の倒壊被害などもよく目にしたと思います。

 

また、電源コードをかじられることによる火災の被害も無視できません。火災にまでは発展しなかったものの、停電やネット回線の切断などの被害をもたらす可能性もあります。場合によっては復旧に相応のコストを支払うことになるでしょう。

 

病気の感染源になる

次に「病気の感染源になる」ことです。ネズミ自身やその死骸、糞尿やネズミによってもたらされたダニなどが感染ルートとなり、さまざまな病気の原因となるのです。ネズミ等を感染ルートとする病原菌としては、以下のものが挙げられます。

 

・サルモネラ菌

・E型肝炎ウイルス

・ハンタウイルス

・レプトスピラ菌

・ツツガムシリケッチア(ダニ)

・ペスト菌(ノミ)

 

また、細菌感染以外にも健康被害をもたらす可能性があります。例えば、屋根裏のネズミの足音を原因として「不眠症」や「ノイローゼ」になってしまう可能性があります。また、ネズミに噛まれることによる「アナフィラキシーショック」や、赤ちゃんや老人の場合だと全身をネズミにかじられることが原因で死亡してしまう例もあります。

 

経済的被害が拡大する前にネズミ駆除を

これらの被害に対応するためには、相応の費用をかけることになります。ネズミ被害を放置すればするだけ、その回復のためにかかる費用も膨大になります。

 

ネズミ駆除を業者に依頼する場合、10万円~数十万円の費用をかけることになるでしょう。しかし、ネズミ被害を放置するリスクを考慮すれば、決して高すぎる費用とは感じないのではないかと思います。

 

費用を抑える方法としては「自力でネズミを駆除する」という方法もあります。費用は抑えられるかもしれませんが、完全にネズミを駆除できるとは限りません。また、ネズミの死骸を処理しきれないと、健康被害の原因を放置することになり、本末転倒です。そうしたリスクも、業者に依頼すればなくすことができるのでオススメです。

The following two tabs change content below.
橋本 雅紀
某消毒会社を経て現職(ネズミ駆除専門会社)へ。ホームページの更新を担当してますが現場仕事の方が好き。趣味はボルダリング。
橋本 雅紀

最新記事 by 橋本 雅紀 (全て見る)


プライバシーポリシー