ねずみ駆除をご検討の方は、どの業者よりも安心なネズミメンテナンス窓口まで是非お問い合わせください。 安心で低価格なねずみ駆除ネズミメンテナンス

ブログ

ネズミの糞があったら、どう対処すべき?

ネズミ駆除の豆知識
2019.03.25

家の中を掃除しているときなどに、ひょっとしたら「ネズミの糞」を見つけることがあるかもしれません。当然ながら、発見したら何らかの対処が必要になりますが、いざ見つけた時に対処法を知らないと対応が遅れてしまいます。

そこで、ネズミの糞を発見したらどう対処すべきかについて解説します。

ネズミの糞は早めに対処する

ネズミの糞を発見したら、できるだけ早めに処分してしまうことが重要です。

理由は、糞の存在が不快なだけでなく、健康被害をもたらす可能性があるからです。ネズミはさまざまな病原菌をもっており、それは糞の中にも含まれています。糞や病原菌は空気中に飛散し広範囲にその影響を及ぼす可能性があるのです。

そうした影響を最小限に抑えるためには、発見したネズミの糞を早めに処分してしまうのが一番です。ただし、処分する際にはいくつか注意しなければならないポイントがあります。

1つ目は「手袋を装着する」ことです。素手でネズミの糞に触れると病原菌が付着してしまいます。ビニール手袋やゴム手袋などを装着してネズミの糞に触れてください。できれば、使用した手袋は糞と一緒に処分してしまうのが好ましいです。

2つ目に「マスクを装着する」ことです。前述の通り病原菌は空気中に飛散する可能性があり、近づくほどに感染リスクが増大します。処理する際にはマスクを装着しながら作業してください。

3つ目に「糞があった場所を消毒する」ことです。糞に付着していた病原菌は、糞があった場所にも移っています。そのため、糞を処分し終えたら、次にその場所を消毒する必要があります。できるだけ殺菌除菌効果の強いスプレーなどを使用してください。

最後に「掃除機は使わない」ことです。ネズミの糞に触れるのは不快感があるので、掃除機で手早く処理してしまいたいと思うかもしれません。しかし、掃除機の排気から病原菌が家じゅうに拡散してしまうリスクがあるため、掃除機を使わずに処理することが望ましいです。

早めにネズミ駆除を実施する

ネズミの糞があるということは、それを排泄したネズミが家の中に存在している可能性が高いということです。いくら糞を処理しても、排泄するネズミ本体が家の中にいては根本的な問題解決にはなりません。

完璧にネズミ駆除しないと、糞を含めたネズミ被害を根絶することはできません。

しかし、ネズミ駆除に詳しくない人がやろうとしても骨が折れる作業である上に、それに見合わない結果しか得られない可能性が高いジレンマがあります。そのため、ネズミ駆除は専門の業者に依頼されることをオススメします。

The following two tabs change content below.
天田 聡

天田 聡

大手の害獣駆除会社を経て現職へ。Web担当ではありますが現場仕事も大好き。趣味は猫カフェ巡り。
天田 聡

最新記事 by 天田 聡 (全て見る)


プライバシーポリシー